人気ブログランキング |

インターン2019夏 委員会・ヒアリング

藤井まなです。
今日は委員会二つと
区内団体からのヒアリングがあり、
三人にそれぞれ書いてもらいました。


インターン生の長谷川です。

今日は最初に災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会の傍聴をしました。オウム真理教問題への対策、災害対策本部の訓練の実施結果、刑法犯認知件数、世田谷区ながら見守り活動についての報告がありました。
刑法犯認知件数は昨年度より大幅に減少し23区中3位の減少率でした。しかし、新たな手口の詐欺の件数が増加しており、住民の方に知らせるなど対策が必要だと思いました。
世田谷区ながら見守り活動についてはなぜ警察署との連携が必要なのかという質問がありました。これに対しては、地域の人とはいえ親族以外の大人が子供に声をかけると不審者だと疑われる問題があるため警察署と連携することで堂々と活動ができるという回答でした。地域のつながりが弱体化する現代ならではの問題であると感じました。



本日のブログをかかせていただきます。押田です。
本日はオリンピック・パラリンピック等特別委員会の傍聴をしました。

スポーツ施設の無料開放についての報告で利用する人が増えたときいて、無料開放をきっかけにスポーツ施設を利用する人が増えスポーツするひとが増える良いきっかけになったのではないかと思います。議員さんが言っていたように、スポーツ施設に来るのが初めてなのかを調査する必要があったと思いました。利用者が増えるのはもちろん大切であるが今まで利用したことのない人が無料開放をどのくらい利用したのかも大切だと思います。
ボッチャ世田谷カップの報告はとても興味深かったです。この大会には小学生のチームから企業のチームまでもが参加しました。準決勝で小学生のチームと企業のチームが対戦をし、小学生のチームが負けてしまい、涙を流し悔しがっていたそうです。ここまで小学生の子と大人がいい試合をすることができるスポーツは珍しいと思います。子供から大人までみんなが平等に楽しめるすごくいいスポーツだと思いました。
オリンピック・パラリンピックのはなしで、パラリンピックは競技色が強いイメージがあるが楽しむことも大事であると言っていました。たしかにその通りだなと思い、私たちみる方も楽しんでみたいと思いました。
本日も良い経験をさせていただきありがとうございました。



本日のブログを書かせていただきます。加藤です。

本日も昨日と同様、世田谷区役所に集合し委員会を傍聴するところから始まりました。本日傍聴した委員会は災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会とオリンピック・パラリンピック等特別委員会の2つです。委員会の傍聴を終えた後は「ヒヤリング」を傍聴しました。自分はヒヤリングの傍聴をしたことについての感想を書かせていただきます。
ヒヤリングというのは、世田谷区に住んでいる区民の方々が「この事業に対して予算を使って欲しい」などと議員さんたちに要望することです。この予算の要望は年に1度、30分ほどしか行われないため、この30分でどれだけのことを話せるかが重要なんだとわかりました。今回のヒヤリングに参加された7組の方々の中には障害者の方から助産師の方、税理士の方などがおり、幅広く様々な面で議員さんたちと意見交換を行っておりました。中でも自分が気になったのは「重症心身障害者を守る会」の方の「東京リハビリテーションセンター世田谷」についてのお話です。実は自分は1番最初にインターンシップに参加した時、藤井議員とともに「東京リハビリテーションセンター世田谷」に視察に行かせていただいており、今年四月にオープンしたばかりで、そちらの職員さんからも看護師や職員の数が不足がしているなどの話を伺っておりました。ですが、本日予算要望の話に参加された方が仰るには、7月下旬にリハビリセンターに伺ってみたところ、そちらの職員から「職員不足は問題になっていない」と言い張られたというのです。自分はこれを聞いた時、自身がリハビリセンターに視察に行って職員不足問題を伺ったのは8月初旬なのに、7月下旬に職員不足が問題になっていないと言い張るのにはどこか矛盾が生じるなと思いました。そして予算要望に来られた方の要望は、夜の看護師の人数が1人であり、その1人が仮眠を取る時間もあり、その時間に何か起こったらどうしようもできないため、看護師を2人にして欲しいというものでした。これを聞いて自分が思ったのは、リハビリセンターは四月にオープンしたばかりで、たしかに抱える問題も多いと思いますが、職員不足などの問題をそのままにせず、大きな事故に繋がる前に一刻も早く改善をして欲しいと思いました。そして議員さんたちが今回区民の方々から受けた要望を1つひとつしっかり施設に伝えて、少しでも「安心して利用できる施設」に変わるといいなと思いました。
そして予算要望の頻度について自分自身が1つ思ったことがあります。それは年に1回しか行えず、しかも30分しか行えないということです。これは自分は少し短すぎるのではないかと思いました。もちろん議員さん方の忙しさはインターンシップを通して身をもって承知しておりますが、たった30分だけで区民の方々は全て話したいことを話し切れるとは思いませんでした。後から出てくる意見もあるし、時間の流れで施設の政策ややり方も変わるためその都度不満も出てくると思うので、できることならもう少し定期的に意見交換できる場を作るべきなのではないかなと思いました。以上が本日の感想です。本日も非常に貴重な経験をさせていただきありがとうございました。




# by setagaya-mana | 2019-09-04 22:02

2019夏のインターン 初委員会

藤井まなです。インターン初めての委員会傍聴です。
間違っている部分や解説が必要な部分は(注)としました。
インターンは
都市整委員会を傍聴後、途中から福祉保健常任委員会を傍聴しました。



本日のブログをかかせていただきます。押田です。


本日始めて委員会を傍聴しました。
都市整備常任委員会を傍聴しました。
私が特に印象に残った報告が2つあります。
1つ目「世田谷名木百選」再選定の実施状況についての報告で、名木百選が152種から107種に減少してることについて議論していたことがとても印象に残っています。少なくなっていることに対しての改善方法が報告されていないと指摘し、天然記念物(注1)に指定するのも1つの方法であると提案していてとてもいい考えだと思いました。天然記念物に指定することで木を大切にしようという気持ちが大きくなり、減少を防ぐことに繋がると思います。私は区でも天然記念物を指定できるということを初めて知りました。
2つ目は世田谷区債権管理重点プランについてです。私も税金などは公平性や公正性が大事であると思いました。世田谷区内でマンションの家賃の滞納者(注2)が多いことにとてもおどろきました。払わなければならないのに払っていないというのはとても大きな問題だと思います。
とてもいい勉強になりました。自分の知識不足を改めて実感し、もっと勉強しなきゃなと思いました。本日もありがとうございました。


※注1:地方自治体は天然記念物を指定できる権限はありません。「保護樹木」などには指定することができます。
※注2:世田谷区の区営住宅の家賃滞納者。



本日のブログを書かせていただきます。加藤です。

本日は世田谷区役所に集合し、都市整備委員会と福祉保健委員会を傍聴させていただきました。委員会は9月2日〜4日の間に行われるということで、自分は前々から傍聴できるのを楽しみにしていました。本日傍聴した2つの委員会の中で自分は福祉保健委員会を傍聴したことについての感想を書かせていただきます。
福祉保健委員会は9時から始まっていたので昼過ぎに会場に入った時はすでに話が進んでおりました。最初は難しい単語ばかりが委員さんやたちから飛ばされていて話についていくのに必死でした。でもだんだんと聞き慣れてきて話を面白く感じるようになりました。元々自分は福祉や保健については興味を持っている分野だったので、終始興味を持って話を聞くことができました。障害の話から保育の話、事故の話も何件かありました。そしてこの委員会に出た話の中で自分が1番気になった事業があります。それは「ふるさと納税を活用した医療的ケア児等を育てる世帯への支援事業の実施について」です。この事業は簡単に説明すると、病気や障害によって寝たきりの状態に陥った子や外に出たくても出られない医療的ケア児を、世田谷区内や区外から集めた「ふるさと納税」を使って旅行に連れて行ってあげようというものです。この事業が発表された際、多くの意見や質問が委員さんたちから飛ばされました。「なぜわざわざ世田谷区の予算ではなくふるさと納税を集めようとしたのか。」や「そんなに簡単にお金は集まらない」などの質問・意見です。この質問・意見には自分も納得しました。こんなに重要な政策なら初めから世田谷区の予算を用いて、余裕を持って行えばいいのではないかと自分も思いました。しかも事業に必要なお金は500万円程で、ふるさと納税がこんなに簡単に集まるはずがないとも思いました。しかし、この質問に対する答えは「ふるさと納税を集めることはもちろん困難だが、地域の人がその政策のために寄付してくれるということはその事業を認めた上での行為なので、ふるさと納税として集めたお金で実施したい。」というものでした。自分はこの答えを聞いたとき、この事業の成功を応援しようと思いました。たしかに予算を使えば楽に事業ができるが、最初から大きな事業として認めてもらうためには予算を使うより、ふるさと納税を使うのが1番効果的だとも思ったからです。この事業以外にも学童クラブ実施時間延長など、興味を持てる話がたくさんありました。とても勉強になりました。本日もとてもいい経験をさせていただきありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。




# by setagaya-mana | 2019-09-03 22:08

インターンブログ 2019夏 11日目

本日のブログを書かせていただきます。加藤です。

本日は7時半に桜新町駅に集合し、藤井まな議員と山口拓議員の街頭演説を聞かせていただきながら、チラシ配りを行なうという活動からスタートしました。自分は家が遠く朝の5時に起きたということもあり、正直最初の方は眠気がすごかったのですが、チラシを配りながら地域の方々に
「おはようございます!よろしくお願いします!」
と言っているうちに自然に目が覚めてきて、街頭演説が終わる頃には目が覚めていました。そして今日のチラシ配りで自分は1つ大事なことを学びました。それは、チラシ配りをする時は「明るく、笑顔で、大きな声で挨拶をしながら渡すのが大事」ということです。これは以前、山口議員の三軒茶屋での街頭演説に同行した際に山口議員から教えていただいたことです。自分がチラシ配りをされる側の立場になってみて、チラシを配られる時に元気のない小さな声で
「おはようございます、よろしくお願いします…。」
なんて言われても受け取る気になんてなりません。チラシ配りをする時にはまず明るい笑顔と大きな声で挨拶することが大事だと言うことです。本日の街頭演説で改めてそのことを学ばせていただきました。そして明るく大きな声で挨拶をすることを心がけてチラシ配りをしたら、チラシを受け取ってくれる人が増え、受けってくれない人でも謝ってくれたり、会釈をしてくれる人がたくさんいました。次もしまた街頭演説があり、チラシ配りをする機会があったら、今日学んだことを生かしてチラシを多く受け取ってもらえるように頑張りたいです。
街頭演説が終わった後は世田谷区役所へ向かいました。世田谷区役所では領収書の整理や、それをパソコン打ち込むなどの事務作業を行いました。自分の印象に残ってる作業は領収書の記録をパソコンのソフトを使って、1枚1枚打ち込みながら整理した作業です。自分はパソコンを使う事務作業を一度はやってみたかったので、今日それが経験できてとても良かったです。収入や支出に関するデータを記録するソフトを使って領収書の記録を整理していきましたが、あのソフトは自分が社会に出たら必ず使うものだと思うので、ぜひ覚えておきたいと思います。本日もとてもいい経験をさせていただきありがとうございました。次のインターンシップもよろしくお願いいたします。




# by setagaya-mana | 2019-08-27 22:00

インターンブログ 三茶でサンバ

本日のブログを書かせていただきます。加藤です。
本日はまず三軒茶屋駅に集合し、「三軒茶屋ラテンフェスティバル」の会場へ向かいました。
会場では地域の方々が協力し合って、
35周年目の三軒茶屋ラテンフェスティバルを盛り上げようと暑い中頑張っていました。
自分もパレードが始まる前に山口事務所に行って、
水を準備したり台車で氷を運んだりなど自分なりにできる仕事をさせていただきました。
そして1時半からパレードが始まりサンバを踊る人やドラムでリズムを刻む人、大きな声で歌う人などがいて、会場の茶沢通りでは暑い中さらに気温が上がってしまうくらいの盛り上がりでした。
その中で自分は水を配るという仕事を任され、「お水どうぞ〜」と言いながら出演者の方々に水を提供しました。
出演者の写真を撮る人からすれば、水を配っている人は邪魔に思えるかもしれませんが、出演者の方々が熱中症にならず元気に踊ったり演奏したりするためには、重要な仕事を任されたのだと思いました。
水を配ることで少しでも出演者の方々の役に立てたなら嬉しいです。一緒に仕事をした方々にも優しくしていただき、地域の仕事をするにおいて1番大切なのは「協力すること」であると感じました。地域の方々と触れ合うことができ、とてもいい経験になりました。
そしてパレードが終わった後は山口事務所に行き事務作業を行いました。
ポスター貼りをするための細かい作業をさせていただきましたが、細かい作業でも雑に行わないことが大切であるということがよくわかりました。そしてポスターを持ち藤井議員と色々な場所へポスターを貼りに行きました。3ヶ月前や4ヶ月前に貼ったポスターでも太陽の光をずっと浴びてたりすると色褪せてしまうということを教えていただき、色褪せてしまったポスターの上に新しいポスターを貼る作業をさせていただきました。ポスターを貼る際に空気が入らないようにするコツを教えていただき、最後の方には綺麗に貼ることができました。本日も非常にいい経験をさせていただき、ありがとうございました。
次のインターンシップもよろしくお願いいたします。
f0147411_00285302.jpeg


# by setagaya-mana | 2019-08-25 22:26

2019夏インターン8日目

本日のブログを担当させていただきます、長谷川です。

今日は桜新町で朝の街頭演説のチラシ配りを行いました。
通る方の妨げにならないように立ち、一歩近寄ってチラシを配ることは大変なことでした。
少し雨が降っていたため傘とかばんで手が塞がっている人が多く、
なかなか受け取ってもらえないという点もありました。
人が通り過ぎる2、3秒の間に、何故チラシを配っているのか、何のチラシなのか、最低限の言葉で説明しなければいけないことも大変でした。
最初は慣れませんでしたが、やっていくうちに堂々と笑顔で挨拶して自信を持って紙を差し出そうと心がけました。配る側の立場を知ることができ良かったです。

その後は委員会の傍聴、後援者訪問をしました。
後援者訪問は訪問先を見つけるのが意外と難しく大変でした。
緊張しましたが訪問先の方々が「ご苦労さん」や「ありがとうね」と言ってくださり、とても元気をもらいました。

長い1日でしたが、積極的に行動できた1日でした。また次回もよろしくお願いします。





# by setagaya-mana | 2019-08-22 22:22

中野区議会へ

本日のブログを書かせていただきます。
本日はまずはじめに駒沢大学駅に集合し、チラシを配るための後援会訪問をするところから始まりました。最初の1軒だけは議員さんと訪問をしましたが、それ以降は1人でやってみてと頼まれ約10軒ほどの家を1人でまわりました。後援会訪問は基本的にナビで場所を確認しながら行いましたが、何軒か入口のわかりづらい家があったりして時間がかかってしまいました。10軒の家をまわるだけでも1時間かかってしまったので、これをいつも行なっている議員さんは本当に大変なんだなと思いました。ですが訪問するたびに訪問先の人が「暑い中ご苦労様」と言ってくれて、その言葉にはとても救われました。また機会があったら是非やりたいです。
そして戸別訪問が終わり、議員さんと中野区役所へ行きました。中野区役所では、中野区議会議員の山本たかしさんと杉山司さんから中野区についての貴重なお話を聞くことができました。中野区では4年間のうちに20万から30万もの人々が入れ替わり、結婚したら多くの人が中野区から出て行くという特徴があることを知りました。この特徴があることで中野区は「1番住んだことがある区」として知られているそうです。他にも中野区はアニメ好きの人が集まるなどの特徴があるそうです。アニメといえば秋葉原という感じがしますが、中野区には「まんだらけ」の本店があり、アニメのマニアたちが集まるという特徴もあるそうです。中野区についての説明をしていただいた後に、山本たかしさんと杉山司さんの個々の政策について伺い
ました。山本たかしさんは自分がもともと不登校を経験していることから、不登校を社会的に支えて貰う仕組みが必要であることを感じ、今はSNSなどでいじめや不登校の相談ができるアプリ「STOPit」を広く進めているそうです。杉山司さんはノンバリアフリーである中野駅をバリアフリー化させる政策を進めたり、駅周辺の危険な部分(バスの交通や信号等)を整備したりするなど、主に中野駅に関わる政策を進めているそうです。
そして最後には幼稚園の経営に関係する方からお話を伺いました。この話では世田谷区や中野区など、区によって全く政策やサービスが違うことが理解できました。話を伺って、中野区が世田谷区や杉並区と同じくらい充実したサービスを提供して欲しいと思いました。
本日は非常にいい経験ができました。ありがとうございました。




# by setagaya-mana | 2019-08-20 22:48

2019夏インターン七日目

本日のブログをせ書かていただきます。押田です。

本日は二子玉川駅に集合し、二子玉川公園に行き、そのあと防災のイベントに行きました。二子玉川公園はとても広くてきれいでした。世田谷区の中で大きい駅である三軒茶屋・下北沢・二子玉川にはどこにも図書館がないため、図書館カウンターという本を取り寄せたりすることのできる施設をつくったということを初めて知りました。
防災のイベントではクイズや心臓マッサージ・AEDの体験をしました。防災に関して考えたりする機会はあまりなかったのでとてもいい機会になりました。また、世田谷区には土砂崩れが起こりそうな場所がたくさんあることを知りました。そういう危険な場所は一部であるのにもかかわらず警報などでは地域一体に出てしまうのが問題点であるということも学びました。このイベントは高校生が主体となって行っていると知り、すごいと思いました。
次に地域のお祭りに行きました。この間行った盆踊り大会に参加していた人たちがいて、覚えてくださっていてとても嬉しかったです。地域の人とのつながりとはこういうものなのかなと思いました。お祭りでは上に黒いネットをつけていて、暑さ対策をしていました。小さいお子さんも多い中お祭りをやるにはこういう熱中症対策もとても大事な事だと思いました。
最後にキャロットタワーの最上階の26階に行きました。ここは世田谷区の区民会館別館であることを知りました。
また、防災の拠点となっていることも始めて知りました。展望台からはスカイツリーや東京タワーなどがみえました。
本日もとてもいい経験をさせていただきありがとうございました。

写真は防災イベントでAED訓練をしている場面です。
f0147411_11134853.jpg


# by setagaya-mana | 2019-08-18 22:11

2019夏インターン6日目

こんにちは。インターン生の長谷川です。
今日は山口拓議員事務所のインターン生と一緒に都庁見学へ行きました。

はじめに都議会の仕組みや役割などの説明を受けました。その後、委員会室や本会議場の見学をしました。

世田谷区役所は後方に傍聴席があるため分かりやすいように発言席が傍聴席に向けられています。しかし都の委員会室は発言席と答弁席が向かい合い、横から傍聴するという配置でした。東京都のマークはイチョウではなく頭文字Tをモチーフにしたものであったり、知事室は当時のはしご車が届く高さに作られているといったことも教えてくださりました。知事室の下に丸い窓ガラスがあるのですが、本会議場にも同じ高さに同じ大きさの丸い窓があり、都庁と議会が対等である二元代表であることを表しているそうです。建物にも色々な意味が込められていることを知りました。

山口拓議員のご好意で本会議場を議員席から見学することができました。椅子がふかふかでとても綺麗な空間でした。

はじめは少しお堅い場所なのかなと思っていましたが、警備員さんや役所の方がにこやかに挨拶してくださり、そのイメージは和らぎました。

なかなか自分では訪れない場所だったと思います。今回見学することができ、よい経験になりました。




# by setagaya-mana | 2019-08-16 23:50

2019夏のインターン4日目 盆踊り編

本日のブログをかかせていただきます。押田です。

本日は、はじめに区役所でシール貼りの作業を行いました。8月6日に行ったシール貼りの続きやり、今日で終わらせることが出来ました。地道な作業ではありましたがすべて貼り終わると達成感がありました。
次にお祭りを3箇所まわりました。
1箇所目の下北沢のお祭りでは、他の事務所のスタッフさんとインターンの方たちを見に行きました。暑い中、一生懸命お祭りの手伝いをしているのを見て、いい刺激になりました。
2箇所目は成城のお祭りに行きました。国会議員の落合議員とご一緒して挨拶をしました。地域の人とかかわることは大事なことであると感じました。
3箇所目のお祭りでは、実際に私もお手伝いをしました。まず、ポスターのようなものを貼るお手伝いをしました。今日は風が強かったため、剥がれないように何箇所にもシールを貼り工夫していました。その後、議員さんと地元の方と一緒にお祭りで配るアイスを取りに行き、実際にアイスとお菓子を配るお手伝いをしました。小さい子からお年寄りまでさまざまな人とかかわることが出来ました。とくに小さい子とはかかわる機会があまりなかったので良い経験になりました。議員さんが地元の人とたくさんお話をしたり、一緒に盆踊りを踊っているのをみて地域の人とのかかわりをとても大切にしているのだなと思いました。地元のお祭りに参加することは生で地元の人の声をきくことができるいい機会であると思いました。また、ポ
ロっと本音をきくことができたり、その場できくことかまできなくても話しやすくなったりするのでとても大事なことであると思います。
今日は地域の方とのかかわりの大切さを学ぶことができました。とても良い経験をさせていただきありがとうございました。
# by setagaya-mana | 2019-08-10 23:20

2019夏インターン三日目

はじめまして!本日のブログを書かせていただきます長谷川です。

今日はまず、区政報告会に向けての印刷作業をしました。織り機という機会を初めて知り、こんな便利なものがあるのかと思いました。暑い中の作業でしたが、こう行った事務作業も必要な仕事だということがわかりました。
その後、山口拓議員事務所のインターン生と顔合わせをし8月31日に行われる区政報告会について打ち合わせをしました。議員さんがいない中、事務所での対応がしっかりしていて、他インターン生の様子を知ることができ良い刺激になりました。区政報告会に向けてみんなで力を合わせて良い会できるよう準備していきます!
そして世田谷区福祉移動支援センターそとでるさんへお話を伺いに行きました。現在、世田谷区では障害を持った方が移動に対するする不便さを感じているという問題がありました。問題を解決するためには現状を知り、現実的な方法を考えなければいけないのですが、そとでるの皆さんの力になりたい、良くしていきたいという思いが伝わってきました。お話を聞いて私は困っている人がどれくらい困っているのか分かるためには自分が経験していたり、少しでもそのことについて知っている必要があると感じました。困っている人を見つけるには普段からいろんなことに関心を持ち続けることが大切だと思いました。
インターンは始まったばかりですが自分の知識不足を痛感します。2ヶ月間という短い期間ですがたくさん吸収していきます!よろしくお願いします!





# by setagaya-mana | 2019-08-09 23:18

区議会議員藤井まなのインターン専用のブログです。


by setagaya-mana
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る